トピックス

iPhoneが画面割れしたらすぐに修理に出すべき理由

トラブル例

iPhoneのトラブル例「画面が割れてしまった」

スマホのトラブルの中でも最も多いのが、画面が割れてしまう事です。

スマホの画面を割ってしまったことがある方は多いのではないでしょうか?

 

 

画面割れの原因で圧倒的に多いのが、スマホを落とした際の衝撃による画面割れです。

スマホの画面は、デザイン性や操作性を高めるために薄く作られているため

落とし方が悪いとすぐに割れてしまいます。

 

画面に使用されているガラスは性質上、力を分散しやすい「面」での衝撃よりも

力が一部に集中する「点」での衝撃に弱いです。

そのため、スマホの角や側面から落としてしまうとすぐに割れてしまうのです。

実際に割れたスマホを見てみるとその大半が角や側面を起点にヒビ割れが生じています。

 

ガラスの表面のキズにも注意が必要です。

キズがあると画面の強度が下がり、次に落とした時にそのキズが原因で割れてしまう事があります。

そのため、保護フィルム強化ガラスコーティングをして日ごろから画面を保護しておくことが大切です。

 

画面が割れてしまったら、早めに修理をすることが重要です。

『画面が割れてたけど、操作できるし、しばらくそのまま使おう』

と画面割れを放置して使用してしまう方がいらっしゃると思いますが

画面割れの放置は絶対にオススメ致しません!

 

なぜなら、修理に出さないままスマホを放置してしまうと、さらに故障部分が増えてしまう危険があるからです。

 

画面割れを放置していることで起こるトラブル

 

・割れたガラスで指を傷付けてしまう

・画面表示に異常が出る(線や点が入る)

・急に画面が映らなくなる

・内部の部品が破損してしまう

・データが消失してしまう

・割れた部分から水滴や湿気が入り、水没状態になる

 

上記の様に、スマホの画面割れを放置してしまうと大変なことになってしまいます。

早めに修理していたら安く済んだ修理費用も、他の部品が故障することで高額になってしまいます。

 

『早めに修理しておくんだった・・・」

と後悔しないためにも画面が割れてしまった時は出来るだけ早く修理に出すことをオススメ致します。

 

iPhoneの画面が割れたら修理に出すべきか?

 

結論から申し上げると、iPhoneの画面が割れたら修理に出すべきです。

 

詳しくは後述しますが、画面割れを放置することで、大切なiPhone内のデータや、他の部品まで影響が及ぶ可能性があります。

 

画面割れが起きていたとしても、問題なく操作ができるケースも非常に多いです。

 

しかし、放置することによって、より大きな故障になると言ったリスクもあるため、できる限り早く修理に出しましょう。

 

iPhoneの画面が割れたら自分で修理できる?

 

iPhoneの画面が割れた場合、自分で修理できないかと考えた方もいるでしょう。

 

iPhoneの構造は非常に複雑であり、iPhoneの修理に適切な器具で、適切な方法で修理を行わなければ、さらに深刻なiPhoneの故障になる恐れがあります。

 

自力での修理は不可能ではないものの、素人が行うのは非常に困難であるため、専門家に修理を任せることを強く推奨します。

 

iPhoneの画面割れは放置するべきではない

 

iPhoneの画面割れは、下記の点から放置するべきではありません。

 

  • 怪我の恐れ
  • データが消失する
  • 別の破損も生じる可能性が高い

 

それぞれ順番に解説します。

 

怪我の恐れ

 

iPhoneの画面はガラスでできているため、割れると鋭利にとがり、指に刺さる可能性があります。

 

割れている画面で操作していたところ、破片が指に刺さることで怪我をしてしまう方も、しばしば見られます。

 

そのほかにも、ズボンのポケット内に破片が引っかかるなどによって、指以外の箇所が怪我をするリスクもあるため、画面が割れた場合はすぐに画面全体を保護し、修理に出しましょう。

 

データが消失する

 

画面が割れたまま使用していると、その隙間から水分やホコリなどの異物が侵入する可能性があります。

 

これによって、iPhone内部の基盤でショートを起こしてしまい、電源が入らないなどの不具合が生じるのです。

 

基盤のショートなどが起きた場合、データが消失する可能性があります。

 

写真や動画、その他の大切な記録をiPhoneに残している場合は、いち早く修理に出すことを検討しましょう。

 

別の破損も生じる可能性が高い

 

先述した通り、画面割れによって別の破損などが生じる可能性が十分に考えられます。

 

基盤のほかにも、画面が割れていることによって、液晶に圧力がかかり、画面が真っ暗になってしまうこともあります。

 

液晶や基盤をはじめとした、様々な破損の原因になり得るため、iPhoneの画面割れは必ず修理しましょう。

 

iPhoneの画面割れ修理前にやっておくべきこと

 

iPhoneの画面割れ修理前には、下記の2点を事前に行っておきましょう。

 

  • テープで補修しておく
  • データの保護やバックアップ

 

それぞれ順番に解説します。

 

テープで補修しておく

 

ガラスの破片の散乱や、画面からの異物の混入を防ぐためにも、テープで補修しておくと良いでしょう。

 

理想は保護フィルムを貼ることですが、テープを使用することで誰でもすぐに応急処置が行えます。

 

ただし、テープを貼ることでタッチの精度が下がるため、その点は把握しておきましょう。

 

データの保護やバックアップ

 

画面割れの修理を行うにあたって、基盤等まで故障が起きている場合、データが消失する可能性もあります。

 

このような事態に備える意味でも、データの保護やバックアップを行っておくことを推奨します。

 

iPhoneでデータのバックアップを取るための方法は、下記の通りです。

 

  1. iPhoneをWi-Fi接続を行う
  2. 「設定」>「ユーザー名」を選択し、その後「iCloud」を選択する
  3. 「iCloudバックアップ」を選択したのちに、「今すぐバックアップを作成」をタップ

 

この手順を取ることで、iCloud上にデータのバックアップを取ることができます。

これによって、万が一データが消失した場合も、すぐに元の状態に戻せるでしょう。

 

画面が割れてしまった時の対処法

 

まとめると、画面が割れてしまったら、上記のトラブルの可能性も考慮し、対処する必要があります。

 

画面がまだついていて操作できるようなら、早急にデータのバックアップをとることが大切です。

 

修理に出すまでに少し時間がかかりそうな場合はテープや保護フィルムを貼れば

割れの広がりを抑えガラスの破片が飛散しないように保護することが出来ます。

しかしこの対処法はあくまで一時的な物です。

 

一番の対処法は、なんといっても早めに修理に出す!これが最大の対処法と言えるでしょう。

 

当店ではiPhone・iPadの他、様々な機種のAndroidの画面修理に対応しております。

修理は即日データそのままで修理可能です。(部品の取り寄せにお時間を頂く場合もございます)

 

画面割れなど、iPhone修理を浜松でするならモバイルリペアまでお越しください。

×

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top

ご相談・お見積もりは無料!
お気軽にご予約ください!

LINE予約はコチラ

東若林店LINE
泉店LINE
メールフォーム
東若林店営業時間表 泉店営業時間表