トピックス

iPhoneが充電できないときの対処法【見るべきポイントを解説】

トラブル例

iPhoneのトラブル例『充電ができない』

 

 

『充電ケーブルを指してもスマホが充電できない』

『充電が貯まらない』

このようなトラブルで困ったことはありませんか?

 

充電が出来ないとスマホを使えなくなってしまうので、かなり焦ってしまいますよね(*_*;

充電が出来ない原因と対処法を解説させて頂きます。

 

iPhoneが充電できなくなってしまった原因

 

1.充電ケーブルが故障している

 

充電ケーブルを持ち運ぶ際に、きつく結んだり、カバンの中に無造作に入れておいたりすると

ケーブルに負荷がかかり、断線してしまうことがあります。

断線してしまったケーブルでは充電は出来ませんので、別の充電ケーブルを用意して試す必要があります。

 

2.MFi認証を取得していない充電ケーブルを使用している

 

iPhoneを使用している場合、MFi認証を取得していない充電ケーブルが原因で充電できない場合があります。

『MFi認証』とは、Appleが定める性能基準を満たした製品のことで

製品パッケージに『Made For iPhone』と記載されているのが目印です。

 

また、OSアップデートなどにより、それまで使えていたものが使用できなくなることがあります。

 

MFi認証を取得していない充電ケーブルの場合、『このアクセサリは使用できない可能性があります』

とメッセージが表示されます。

 

この場合は、純正の充電ケーブルが必要になります。

 

3.充電口にゴミや異物が詰まっている

 

充電口に異物が詰まっているとケーブルの接続部分が奥まで入らずに

充電出来ない事があります。

 

この場合は詰まっている異物を取り出す必要があります。

取り出す際は、無理やりやろうとすると充電口を破損させてしまう可能性もあるので

異物が取り出せないときは、当店のような修理店に依頼をしたほうが確実です。

 

4.スマホの空電口が破損している

 

スマホの充電ケーブルを差す部分のパーツを『ドックコネクタ』と言います。

 

このドックコネクタが破損してしまってると、充電することが出来ません。

スマホの部品はとても繊細なので、落下した衝撃や水没などの影響で破損してしまうこともあります。

 

破損してしまったドックコネクタは当店で修理可能です(^^)/

 

5.バッテリーが劣化している

 

バッテリーが劣化すると電池の減りが早くなりますが

劣化がかなり進んだバッテリーは充電してもなかなか充電が貯まらず

充電が出来ないことがあります。

 

この場合は、バッテリー交換修理をすることで改善出来ます。

 

iPhoneが充電できない場合の対処法

 

iPhoneが充電できない場合の対処法は、下記の通りです。

 

  • 低電力モードを使う
  • iPhoneの再起動
  • iPhoneを冷やす(冷却する)
  • iOSのアップデート
  • Lightningコネクタの掃除
  • 充電器もしくはケーブルを交換してみる

 

それぞれ順番に解説します。

 

低電力モードを使う

 

充電時のトラブルは、低電力モードに切り替えることで改善される可能性があります。

 

低電力モードとは、iPhone使用時のバッテリーの減りを遅らせる機能のことです。

 

iPhoneでは、下記の方法で低電力モードに切り替えることが可能です。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「バッテリー」を選択する
  3. 「省電力モード」をONにする

 

iPhoneの再起動

 

iPhoneの一時的な不具合によって充電できなくなることもあります。

 

一時的な不具合によって充電できなくなっている場合、iPhoneを再起動することで症状が改善されます。

 

簡単に行えるため、省電力モードにしても充電されなかった場合に、次の対処法として実践すると良いでしょう。

 

iPhoneを冷やす(冷却する)

 

iPhone本体の温度が高くなっている場合、充電が行われないことや、充電できたとしても80%までしか行われないことがあります。

 

充電できない上に、iPhoneが熱いと感じられる場合は、iPhoneを冷やしましょう。

 

なお、冷やす際に冷蔵庫を利用したり、冬の屋外に長時間放置したりすると、内部で結露を発生させる可能性があり、故障の原因になります。

 

冷却の際は、不要なアプリの終了や電源を切るなど、発熱の原因を減らすとともに、熱がこもらない場所に置くことが大切です。

 

iOSのアップデート

 

充電ケーブルやiPhone本体には問題がない場合でも、iOSに問題があった場合充電が行われないケースがあります。

 

特に、古いiOSを継続して使用している場合には、iOSが原因になっている可能性が大いに考えられます。

 

iOSが古くなっている場合には、アップデートを行い、最新の状態にしておきましょう。

 

Lightning コネクタの掃除

 

ケーブルや本体、iOSに問題がない場合は、Lightningコネクタに問題がある可能性があります。

 

Lightningコネクタにホコリが溜まっていたり、サビが発生していたりすると、接触不良を起こしてしまい、正常に充電が行われないケースがあります。

 

Lightningコネクタは、歯間ブラシ等を使用すればホコリを取り除けるので、充電できない場合は掃除してみましょう。

 

充電器もしくはケーブルを交換してみる

 

充電器やケーブルに不具合が起きている場合、iPhone側への対処を行っても正常に充電できません。

 

ここまで解説してきたことを実践しても、充電ができない場合は、充電器やケーブルを交換してみましょう。

 

特に、Apple純正でないものを使っている場合は、粗悪品である可能性も高いです。

 

できる限り、Apple純正のものを使用しましょう。

 

iPhoneが充電できないときは故障の恐れあり

 

上記の対処を試みても、iPhoneが充電できない場合は、iPhoneの機器そのものが故障している場合があります。

 

iPhoneの機器の故障は、iPhoneに対する深い知識がある者出なければ、解決することが困難です。

 

そのため、故障を疑ったらすぐにiPhoneの修理が可能な業者に依頼することを推奨します。

 

なお、静岡県浜松市のiPhone修理店舗モバイルリペアでは、業界最安水準でiPhoneの修理を行っています。

 

安かろう悪かろうというわけではなく、様々なiPhoneの症例を解決してきた高い技術力で、お客様のiPhoneの修理を行いますので、安心してご相談ください。

×

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top

ご相談・お見積もりは無料!
お気軽にご予約ください!

LINE予約はコチラ

東若林店LINE
泉店LINE
メールフォーム
東若林店営業時間表 泉店営業時間表